MENU
HOME > お知らせ

お知らせ

『最高裁判決』 全国環整連大会基調講演記録をおゆずりします
2018年06月22日


平成29年、全国環境整備事業協同組合連合会大会基調講演テーマ「最高裁判決」と題する講演内容を一部加筆したものです。
内容的には、「バキュームカーは国が保護しなければいけませんよ」という話しです。

この講演記録が欲しい方には、小冊子をお送りします。
送付先ご住所、お名前、ご職業、必要部数を明記の上、1冊につき574円分の切手(82円×7枚)と送料分の140円切手1枚を
840-0816 佐賀市駅南本町5-5 サンシャインM2階 団野法律事務所まで送っていただくか、
または、s.remiremi2012@gmail.com にメールで送付先ご住所、お名前、ご職業、必要部数を明記して送付後、下記の口座に1冊につき700円を送金していただければ、講演録をお届け致します。
福岡銀行 佐賀支店 普通預金
口座番号 1163544
名義人  團野克己 (ダンノカツミ)
国に独占禁止を許可されたと言っても過言ではない業界。
ひとたび災害が起これば、被災者全員がお世話になるのです。
目次

1 3つの最高裁判決2 伊万里市事件

3 伊万里市事件における住民側の請求

4 補助参加

5 伊万里市事件第一審は,なぜ負けたのか

6 随意契約の例外

7 福岡高裁の判断

8 随意契約の方式とすることに問題がないこと

9 浄化槽法との関係

10 小浜事件と伊万里市事件

11 計画行政

12 特許的許可

13 小浜市事件

14 通知は法令ではないが

15 行政の安易な処理は国家賠償の対象

16 合特法の再検討

 

Scroll Up